2013年8月22日木曜日

東京土産「廣尾 瓢月堂の六瓢息災」


あたらしいこと、あたたかいこと。美しいもの、美味なもの。
菓子にうつしたきは伝統の技そして今を生きる日本人のこころ。
風や水や草木の息吹きこえ時代の空気ただよう新しい菓子。
心やすらぐ自然のかほりでおもてなしする創菓の廣尾 瓢月堂

無病息災をもじって、六瓢息災と言う名前のお菓子。木の実やはちみつ、じっくり漬けた特製のしょうがなど、滋養豊かな素材を生かしたお菓子です。金色と銀色の包装で、大切な人へのお土産やお祝い事にいかがでしょうか。

しょうが大好きな私と私の母に人気です。和菓子と洋菓子の間、なのでしょうがが苦手でなければ喜ばれると思います。

0 件のコメント: