2010年3月5日金曜日

Chicago House Revival

本日はシカゴリヴァイヴァルについて説明します。ますリヴァイヴァルとは、復活・再生・復興といった意の英単語ですが、シカゴ・リヴァイヴァルというと、シカゴの復活?シカゴの再生?どういう事?

ここで言うシカゴと言うのはシカゴハウスの事を指しています。まずシカゴリヴァイヴァルの前にシカゴ、そしてシカゴハウスについて説明しますね。(以前シカゴハウスから産まれたアシッドハウスについて触れましたが、今回はシカゴハウスについて説明します)

シカゴは、アメリカ合衆国イリノイ州の大都市で、五大湖ミシガン湖の南西岸に位置する世界都市です。プロ野球チーム(カブス、ホワイトソックス)、バスケットボールのシカゴブルズなんかも有名ですね。他には、プリズンブレイクや、ホームアローンなどの撮影も行われてた事でも有名です。

そして、シカゴにあった「ウェアハウス」という伝説のクラブの名前が「ハウス」という言葉の起源である様に、シカゴは、実はハウス発祥の地。そして、シカゴハウスは、1970年代後半に産まれた音楽で、ハウスの原型なんです。

後に、ニューヨークでなどで爆発的な人気となったり、セカンドサマー・オブ・ラブムーブメントの時にヨーロッパに伝わった、ハウスミュージックの原型も、シカゴハウス!シカゴハウスってすごいね!現在でもダンス音楽の世界ではシカゴを中心とするDJ達が重要な位置を占めているのもうなずけます。音色的には、当時格安で出回っていたローランドTR-808やTR-606、などの音色が特徴的です。

で、このシカゴ・リヴァイヴァル、実はシカゴハウスが産まれて、世界中に広まってから、5年に一度位の割合で起きているんです。その中でも特に今回はここ最近のシカゴリヴァイヴァルについて触れて行きたいと思います。まずここ数年、2年〜3年程でしょうか。テックハウスのシーンで、シカゴの重鎮DJ SNEAKによる作品や、リミックス作品が多く世に出てきています。

========================================
DJ SNEAK、本名カルロス・ロサ。
83年にプエルトリコからシカゴへ移住。幼少を過ごしたプエルトリコでサルサ、メリンゲ、ラテン等を聴いて育った。
シカゴ移住後は、ハウスDJのミックステープや、地元のラジオ局でかかるハウスミュージックを聴いていた。
スニークという名前はグラフィティアーティスト時代についたもので、その後DJネームとして使う事となる。
既にハウスDJが飽和状態、沢山居る中で、DJ SNEAKは楽曲制作に力を入れ、
94年にグリーンベルベットと出会い、そしてグリーンベルベットのレーベルであるCajualから
リリースした楽曲が大ヒットとなり、世界中にスニークの名前が知れる事になります。
シカゴ系と言われるジャンルの音を再定義したシカゴの重鎮。
========================================

また、2008年にはRIcardo VillalobosとDJ SNeakのBack 2 Back(レコードを交互に掛け合う)をしたり、ミニマル、テックハウスの重要アーティストのリミックスをする他、(Ovum Recordings/8bit/Mobilee/Cécille Records)新鋭レーベルにてリミックス作品をリリースするなどばりばりの現役っぷりを発揮しています。お馴染みNick Curly主宰のTech HouseレーベルCecilleからもリリースしています。また、ニュージャージー出身、シカゴハウスのベテラン・デュオBrothers' Vibeもまた、Deep Vive/Moon Harbour Recordings/Freak n' Chicなどからリリースを近年積極的にしています。

この様に、ベテラン勢、シカゴハウスの重鎮アーティストが、新鋭レーベルやアーティストからフックアップされ、シカゴ・リヴァイヴァルが始まる訳です。なぜフックアップされたか、
それは、現在20台後半〜30台のシカゴ・ハウスを若年期に聴いていたアーティストが、楽曲を作りだす様になり、自分たちの好きだったヒーロー、DJ SNEAK達をフックアップしたい!と考えたからでしょうね!

そして、現在のミニマルブームとも融合し、シカゴ・ハウスの音色や、女性のヴォーカルのサンプリング方法、良い意味でチープな要素、
新しい要素である、ミニマルや、ループハウスの要素を取り入れ、懐かしい音で有りながら、展開はあくまでミニマルに、近年流行っている、テッキーな曲に仕上がっているのがシカゴ・リヴァイヴァルです。

ファッションで言うならば、USED(古着)と最先端のモードファッションとを組み合わせた音と言うイメージです。

シカゴハウス・リヴァイヴァルを指示するレーベルとしては、Deep Vibes、Mother ship、Remote Area、Intact、Oslo、Mobilee、Rejected、RobSoul Recordings等等。その他シカゴハウスでフューチャーされていて、ピックアップすべきアーティストはこちら
DJ SNEAK、
Brothers' Vibe、
Chris Carrier、
DJ Wild

0 件のコメント: